第8回・地獄を行き交う小野篁と死者の世界(802〜853年)

小野篁(802~853年)は伝説によると、あの世とこの世を行き来する力を持ち、昼は宮中にて夜は地獄の閻魔法王に使えて仕事をしていたと言われる。文武両道で才能に長けたが奇行が多く、そのため嵯峨上皇の怒りを買い、隠岐に流罪になったこともあった。京都で人が死後に閻魔法王の裁きで、生前における罪により地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道の六つの世界に輪廻転生をする死生観、死んだ祖先を招く風習や地蔵信

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン