第22回・鎌倉新仏教の成り立ち(1140〜1290年頃)

鎌倉時代に現れた新仏教の臨済宗の栄西・曹洞宗の道元・日蓮宗の日蓮・時宗の一遍は、法然・親鸞の様に天台宗を修行した。それぞれのの宗祖は混沌とした時代に仏道のは何かを問いかけ、民衆への布教や正治などに関わっていく。 栄西(1141〜1215) 永治元年(1141年)、栄西は備中国の神職の子供して産まれる。12歳の時に比叡山に入り修行し、28歳で宋に渡りその年に帰国した。47歳の時に再び宋に渡りインドへ

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン