大いなる都、平城宮跡を巡って奈良時代を体験してみる

発掘調査により姿を取り戻す平城宮 奈良市の西側にある平城宮跡歴史公園。平城京は藤原京から710年に遷都され、東西4.3km・南北4.8kmに東側の東西1.6km・南北2.1kmの張り出しがあった日本最大の都市でした。平城宮は中国の唐の長安城を模して作られ、国際的な街づくりを目指しました。途中何度か別の地へ遷都されましたが、74年間も日本の中心であった平城京は、後の長岡京と平安京に影響を与えました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン