第27回・戦国時代の都で散る信長と光秀(1540〜1582)

応仁・文明の乱から山城国一揆と都の政教は混沌としていった。天文5年(1536年)に比叡山と法華一揆による天文法華の乱により下京が荒廃し、立場を失う室町幕府の足利家と、将軍家を暗殺までする有力武家達の台頭、そして武力に抵抗する寺院や民衆達の混沌した時期になり、そこに尾張から織田信長が都に入洛し政治を席巻することになる。 信長と義昭の共闘、そして室町幕府崩壊 行願寺(中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン