コース案内・明智光秀の最後の戦い、山崎合戦を辿る

天正十年(一五八二)年六月二日、羽柴秀吉の援軍として亀山城から出陣した明智光秀は、なぜか西国に向かわず都に入っていた織田信長を本能寺で、息子の信忠を二条御所で討ち取りました。そして秀吉は中国大返しと呼ばれる尋常ではない移動速度で短期間の内に戻り、十三日に光秀と山崎で対峙します。光秀はこの戦いに敗れ、近江の坂本城に退却する道中、十三〜十四日の夜半にかけて小栗栖の地で落武者狩りにあい、重傷を負った光秀

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン