第20回・混迷した時代の文学者たち(1100〜1200年頃)

平安時代末期から鎌倉時代にかけて、源平による政治の騒乱により都は混迷を極めた。平安時代末期は大火事・飢饉・末法思想により街は地獄さながらだった。社会情勢で、六道絵と呼ばれる地獄絵図が描かれた。そして源平の動乱により政治も不安定な時代であった。そうした時代に反映してか、世間から一歩離れる和歌の読み手たちが現れた。 西行(1118〜1190) 西行寺跡(伏見区竹田西畑中町) 都名所図会第5巻 安永9年

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン