第11回・菅原道真の足跡(845〜903年)

現在でも天神信仰が厚い菅原道真は承和12年(845年)に生まれ、18歳に文章生に合格し、33歳で文章博士となった。その才覚により宇多天皇に寵愛され政治・学問に才覚を発揮し、出世して右大臣に登り詰める(昌泰2年・899年)。しかし、それに嫉妬した左大臣藤原時平が醍醐天皇への讒言による謀略により、太宰府に左遷させられ(延喜元年・901年)、延喜3年(903年)に59歳で死去した。死後の菅原道真による祟

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン