コース案内・御土居を辿ってみる

京都で俗に言われる「洛中・洛外」という概念は、大まかに言えば豊臣秀吉が京都改造で行った御土居という防壁を作り、その内と外を差すとも言われています。 御土居は南は東寺・西は西大路あたり・北は堀川通の北端・東は河原町通り沿いと総延長約22.5kmと長大なものでした。 現在、御土居は9箇所が国指定史跡として残り、今でも見れる場所があります。発掘調査を元にしながら当時の周囲を辿ることができます。 御土居の

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン