小牧・長久手の戦い

取材紀行
秀吉と家康、二人の出生の地を巡りながら、伏見城の歴史的意義を考える。

京都市にあった城といえば二条城が有名ですが、城郭が残されていない城が他にもあり、それは豊臣秀吉が築いた城で聚楽第・伏見城・向島城・京都新城の三つが挙げられます。 特に伏見城は秀吉がそこで亡くなった城であり、徳川家康が江戸 […]

続きを読む