第4回・語り継がれる羅城門、空海の東寺と守敏の西寺、禁苑の神泉苑(794年〜)

平安京造営にあたり、中国の長安と同じく左右対称に街が作られ、北限の天皇の居る内裏から南を見て左京・右京となった。そして南北に中心を貫く大通り、朱雀通が作られ、南限には入り口となる羅城門が、朱雀大路通りを左右に東寺と西寺、鴻臚館や市が作られた。大内裏の南には離宮・禁苑である神泉苑が作られた。東西に連なる通りが一条から九条通が作られ、規模は東西4.4km、南北5.2km、朱雀通は幅83mであった。

拾遺都名所図会第1巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
拾遺都名所図会第1巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

東寺(南区九条町)

都名所図会第2巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
都名所図会第2巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
都名所図会第2巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

東寺の正式名称は教王護国寺といい、平安京造営の際に西寺とともに建立された。のちに空海に託され、真言宗の寺として運営されている。建立時と同じ位置にあり、建物は焼失と再建を繰り返しているが、平安京時代から残る寺院である。

羅城門跡(南区唐橋羅城門町)

拾遺都名所図会第1巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

羅城門は、内裏に行く朱雀通(図会は千本通、現代の旧千本通)の外郭の九条に作られた。建物のとして高さの割に幅がなく、桓武天皇の指示で低く作るように言われるほどだった。弘仁7年(816年)で暴風で倒壊、天元3年(980年)にも倒壊し、その後は再建されなかった。門にあった毘沙門天は東寺に置かれるようになった。

西寺跡(南区唐橋西寺町)

都名所図会第4巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
都名所図会第4巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
拾遺都名所図会第4巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

西寺は東寺と左右反転させた配置の伽藍で作られ、守敏に託された。その後は天福元年(1233年)に焼失したのち再建されることはなかった。
後に松尾大社の神輿の例祭場所となった。西寺の鐘は東福寺に運ばれた。

神泉苑(中京区門前町)

都名所図会第1巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
都名所図会第1巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

神泉苑は祈雨といった祈祷が行われ、天長元年(824年)に日照り対して空海と守敏が祈雨を願う法力争いが行われた。守敏は効果がなく次に空海に託された。守敏はそれを妬み龍神を封じ込めたが、空海は北天竺の善女龍王が封じ込められていないのを知り、それを招いて雨を降らせた。のちに小野小町も祈雨を命じられた。
祇園会の始まりの場でもある神泉苑はその後荒廃したが、江戸時代に入り再興され(北部の敷地は二条城となった)、真言宗の霊場となった。

参考文献 
京都・観光文化検定試験公式ガイドブック(淡交社)
京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ
平安京(京都市文化財ブックス)フィールド・ミューアジム京都
京都観光ナビ
各寺社の公式サイト・参拝のしおり・由緒書き

小学館アーカイブス 古寺を巡る 東寺