第4回・語り継がれる羅城門、空海の東寺と守敏の西寺、禁苑の神泉苑(794年〜)

平安京は中国の長安城を参考に作られ、今までの都よりも大規模に造営された。条坊制で区割りされ、十数万人の人口を抱える国際都市だった。 都の作り 大極殿跡(中京区聚楽廻東町) 中国の長安城と同じく左右対称に街が作られ、北限の天皇の居る内裏から南を見て左京・右京となった。また東京を洛陽城、西京を長安城と呼ばれた。そして南北に中心を貫く大通り、朱雀通が作られ、南限には入り口となる羅城門が、朱雀大路通りを左

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン