W-9・近代遺産、琵琶湖疏水の鴨川運河を辿ってみる

明治時代の近代化産業遺産の琵琶湖疏水。琵琶湖からの水路により、水力発電といった近代化が行われました。そして水路は南へ伸び、琵琶湖〜伏見港へつながる水運航路が作られました。
今でも琵琶湖の水が流れる鴨川運河を辿って、今でも残る水運の痕跡を探してみましょう。

対象 ウォーキングツアー

所要時間 9:00〜12:00・13:30〜16:30

開催コース 約5.8km(予定)

近鉄伏見駅〜伏見インクライン跡・橦木町〜墨染発電所〜市電稲荷駅跡〜京阪七条駅

集合場所 近鉄伏見駅

解散場所 京阪七条駅

参加定員 10名。小・中・高校生は引率者が必要です。

参加費

一人での参加4.500円
二人以上での参加3,500円
小・中・高校生500 円
2022年6月以降の適用

申し込みフォーム