B-8・緑茶生誕の地、宇治田原巡り

宇治と言えばお茶、緑茶を生み出したのは江戸時代の1738年に宇治田原の湯屋谷に住んでいた永谷宗円でした。江戸で販売してたちまち緑茶は大流行し、宇治茶の名を知らしめました。
織田信長の本能寺の変後、徳川家康が三河に戻る際の伊賀越えをたどりながら、宗円の生家とお茶を楽しめる宗円交遊庵やんたん、正寿院の風鈴祭りを訪ねます。

対象 スポーツサイクル向け

所要時間 10:00~15:00(予定・お昼休憩あり)

所要時間 10:00~15:00(予定・お昼休憩あり)

コース 約46km(予定)

お茶と宇治のまち歴史公園〜西ノ山展望広場〜山口城跡〜御栗栖神社〜総合文化センター〜宗円交遊庵 やんたん〜※永谷宗円生家〜茶宗明神社〜※正寿院〜お茶と宇治のまち歴史公園

コースの※は拝観・入館料が必要です(希望の場所を選んでください)。他に希望があれば別途拝観・入館料が必要な施設がある場合があります。

昼食代は別途ご負担ください。場所等は後日ご連絡します。

集合・解散場所 お茶と宇治のまち歴史公園

参加定員 5名程度。小・中・高校生は引率者が必要です。

参加費

一人での参加6,500円
二人以上での参加4,500円
小・中・高校生1,500円
2022年6月以降の適用

申し込みカレンダーから申し込みをしてください。