A-9・平安時代の都の中心、松原通りをたどって清水寺へ行ってみよう

平安京造営の際、東西の中心となる通りは現在の五条通ではなく北にある松原通でした。豊臣秀吉が都を改造した際に付け替えたとされています。
清水寺から丹波口付近まで東西に伸びる木松原通、源氏物語や牛若丸と弁慶と戦ったなど、様様な伝承があります。それを辿りながら清水寺へと向かいましょう。

対象 シティサイクル向け

所要時間 9:00〜13:00(予定)

開催コース 約9km

京阪清水五条駅(集合場所)〜本圀寺跡〜松永久秀公墓所〜五條天神宮〜平等寺(因幡薬師)〜鉄輪跡〜松原橋〜六波羅蜜寺〜六道珍皇寺〜清水寺

集合場所
京阪清水五条駅

解散場所
清水寺周辺

当日について

集合時間に受付をした後に、コース説明をしてスタートします。参加料金は当日お支払いください。
自転車はご自身の持ち込みです。安全のためヘルメットを着用してください。自転車は必ず行程を走り終えれるよう、整備しておいてください。整備不良と思われる場合は参加できない場合があります。参加中のトラブルはご自身で対処してください。また駐輪をするための鍵をご持参ください。

参加定員 5名程度。小・中学生は引率者が必要です。

参加費 一人での参加の場合は6,000円、二人以上は一人4,500円、高校・大学・専門学校生は3,000円、小・中学生は1,500 円(資料を配布)。希望があれば別途拝観・入館料が必要な施設がある場合があります。

申し込みカレンダーから申し込みをしてください。