A-3・京都と伏見をつなぐ京街道を巡る

平安時代に都から深草を通り六地蔵を経由して宇治、奈良に至る大和街道は、天下統一を果たした豊臣秀吉が東山の五条大橋から伏見と大坂につながる京街道・大坂街道として整備し、江戸時代には全国から訪れる多くの旅人が行き交う最も活気のあった街道でした。そのため街道沿いには様々な寺社仏閣、歴史に残る史跡があります。

対象 シティサイクル向け

所要時間 9:00〜13:00(予定) 

コース 約10km(予定) 

伏見港公園(集合場所)〜藤森神社〜伏見稲荷大社〜豊国神社〜※豊国廟・他

集合場所 伏見港公園

解散場所 京阪七条駅(終了後、希望があれば伏見まで引率します)

当日について

集合時間に受付をした後に、コース説明をしてスタートします。参加料金は当日お支払いください。
自転車はご自身の持ち込みです。安全のためヘルメットを着用してください。自転車は必ず行程を走り終えれるよう、整備しておいてください。整備不良と思われる場合は参加できない場合があります。参加中のトラブルはご自身で対処してください。また駐輪をするための鍵をご持参ください。

参加定員 5名程度。小・中学生は引率者が必要です。

参加費 一人での参加の場合は6,000円、二人以上は一人4,500円、高校・大学・専門学校生は3,000円、小・中学生は1,500 円(資料を配布)。豊国廟は入山料100円が別途必要です。他に希望があれば別途拝観・入館料が必要な施設がある場合があります。

申し込みカレンダーから申し込みをしてください。