コース案内・巨石の町、笠置町を巡る

京都府南部の笠置町は巨石が多く、そのため巨石信仰が根強い地域です。平城京があった奈良時代から隣の奈良県の柳生との関わりが深く、また太平記の舞台となった笠置寺と、歴史的に重要な場所です。 笠置大橋 木津川を跨ぐ国道163号線と町をつなぐ笠置大橋。笠置町の目印となっています。 笠置キャンプ場 木津川のキャンプ場は格好の遊び場で、夏は川遊びができます(コロナ対策で営業等規制がある場合があります)。 笠置

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン