第17回・院政の始まりと源氏と平氏の争い(1086年〜) 

平安時代末期から天皇が住む内裏は度々焼け、天皇が代わりに貴族の家に住むことを里内裏とよんだ。しかし、内裏が再建してもそのまま天皇は貴族の家に住む事が多く、内裏の機能は低下し始めた。これに伴って天皇の地位は大きく変わってく。後三条天皇は藤原氏と外戚を持たない天皇で、独自の政策を執るようになった。次の白河天皇がさらに推し進めて応徳3年(1086年)に創始したのが、天皇を退位して上皇となって天皇の家長と

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン