第12回・菅原道真の怨霊は天神信仰へ(903〜947年)

延喜元年(901年)太宰府に流された菅原道真は不憫な生活を強いられ都へ戻ることを渇望するが、それは叶わず2年後の延喜3年(903年)に死んでしまう。その直後から、道真追放に関わった藤原家の一族が相次いで死に、怨霊を鎮めるべく右大臣に戻し左遷も撤回される。しかし道真の怨霊と思われる怒りは、延長8年(930年)に清涼殿に落雷が落ち炎上することにより、さらに恐れるようになった。太宰府でも道真を葬った安楽

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン