都名所図会で辿る江戸時代の京都・1

日本における画期的な観光ガイドブック

江戸時代の安永9年(1780年)に刊行された「都名所圖會(以下の表記は都名所図会)」は、当時の京都の寺社や風俗を伝える古典として有名です。

都名所図会第1巻安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

吉野家為八が京都の図会で都を紹介したいと企画し、京都の俳諧師秋里籬島が文章を、大坂の絵師竹原春朝斎が図版を描きました。
販売されてからのちに江戸への土産として大ヒットし、製本が間に合わず表紙と中身に糸を添えて販売された逸話が残っています。
7年後の天明7年(1787年)には続編として前作で入りきらなかった史跡を入れた「拾遺都名所図会」も作られ、各地の名所を案内する図会の先駆けとなり、日本における観光ガイドの元祖となります。

都名所図会第1巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 


「都名所図会」が6冊、「拾遺都名所図会」が5冊と、今の京都のように多数の史跡がありました。また現在の京都市だけではなく、山城国としてほぼ全域を扱い、現在の京都府南部地域を網羅します。
数多くの史跡、明細な文章、大きな絵図と読み応えがあり、当時としては画期的な紙面で、京都の魅力を伝えました。
現代にも残る史跡もある一方、消えた史跡もあり、風景や町の姿は大きく様変わりしています。
京都の歴史の移り変わりを、「都名所図会」で巡ってみたいと思います。 

平安京への遷都(794年)

都名所図会第1巻 安永9年 ・1780年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

平安京への遷都は桓武天皇時代の794年に行われました。桓武天皇は長岡京から遷都する際に葛野郡に視察の使者をつかい、報告から四神相之地として新都が作られました。その際に国名の山背国は山城国に変わりました。

拾遺都名所図会第1巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 
拾遺都名所図会第1巻 天明7年 ・1787年 (京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ) 

四神に相応するものは北の玄武は船岡山・南の朱雀は巨椋池・東の青竜は鴨川・西の白虎は山陰道とされています。山に囲まれた京都は、正に鉄壁の守りに囲まれた要塞として思われたでしょう。
こうして京の都にはまちづくりが行われました。

参考文献 
京都・観光文化検定試験公式ガイドブック(淡交社)
京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ