京都の港町、伏見巡り

京都の港であった伏見、酒蔵の町として有名ですが、知られざる史跡が数多くあります。港湾施設、お酒の工場、鱧の来た道、鳥羽伏見の戦いの勃発の地、鳥羽離宮の跡、市電と車石の道筋、馬の神様、伏見の大仏、インクラインの跡や名庭園の移り変わりなど、伏見がさらにわかる内容です。

開催要項 伏見を中心に史跡サイクリングをします。

開催日 2月11日(祝・火) オープンツアー 

スケジュール 9:30開始〜15:30頃終了

コース 約16km(予定)

集合場所 伏見港公園

終了場所 伏見港公園

参加方法 
この記事にある申し込みフォームにてご連絡ください。当日は伏見港公園にて9時から受付、その際に参加費をお支払いください。 
持ち込みの自転車は必ず行程を終えられるよう整備してください。整備不良と思われる場合は参加できない場合があります。見学・拝観の際のワイヤーロックをご用意ください。 
ご自身で借りたレンタサイクルでの参加も受け入れます(こちらでレンタサイクルの用意はいたしません)。その際にヘルメットをご用意いただくか、こちらでヘルメットをお貸しすることもできます(有料300円・コメントにヘルメットを希望とお書きください)。
歩く区間がありますので、シューズは歩けるタイプをお願いします。
お昼休憩の場所などは参加状況により後日ご連絡します。別途拝観料が必要な場合があります。
追記
伏見港公園でレンタサイクルが借りれます。このレンタサイクルで参加されたい場合は、ご自身でご予約してください。
レンタサイクルの案内

参加定員 10名(先着順)小・中学生は引率者が必要です。

参加費  一人4,000円 小・中学生は2,000 円(保険料込み・資料を配布)

締め切り 2月4日(火) 23:00まで 当日申し込みはできません。
当日の京都府南部の天気予報が、前日午後7時の段階で午前・午後どちらかが降水確率40%以上の場合、自転車によるツアーの開催の是非はメールにてご連絡します。
雨天の場合は中止となります。