コース紹介・京都と伏見をつなぐ京街道を巡る

江戸時代に京都と大坂を結んだ京街道、その中継地点だった伏見。平安時代から近代に続く変化と賑わいを残す史跡の多さは、全てを見るのはなかなか難しいです。予定として回る箇所を紹介します。

大手筋を東に行くと鎮座する御香宮神社、安産の神社で親しまれています。

大石内蔵助が遊興した橦木町。

明治に入り、陸軍の街となった深草の陸軍師団の本部。

世界から参拝に訪れる伏見稲荷大社。

紅葉の名所、東福寺の臥雲橋。

豊臣秀吉の朝鮮出兵で、戦果として持ち帰った朝鮮の兵の耳を供養した耳塚。

豊臣秀吉を祀る豊国神社。

豊臣と徳川が戦うきっかけとなった方広寺の鐘。

豊臣秀吉の墓、豊国廟。

他にもいろいろありますが、期間限定公開のお寺も行く予定です。